提供開始
2,180万ドルにのぼるダウンタイムのコストを回避する3つの手順
NEW 2017 Availability Report

レポートをダウンロードする

多くのIT組織がいまだにアベイラビリティに関する目標を達成するために苦労している原因についての調査。

Veeam®はIT組織が抱える保護、復元、アベイラビリティの課題への理解を深めるため、世界のエンタープライズ企業に所属するIT意志決定者1,000名以上を対象とした調査をESGに委託しました。

調査結果は驚くべきものであり、確実に復旧できないデータが組織内に極めて大量に存在していることが明らかになりました。主な調査結果は以下のとおりです。

  • 82%の企業が、ユーザーの要求とITが提供できるもののギャップ、すなわち「アベイラビリティのギャップ」の問題に直面
  • このギャップにより、年間平均2,180万ドルの計画外ダウンタイム・コストが発生
  • イノベーションが抑制され、66%の企業が計画外のダウンタイムによりデジタル・トランスフォーメーションの取り組みが妨げられていると回答

調査結果では、インシデントが対前年比で36%増加していることも判明しており、問題が悪化の一途を辿っていることを示しています。解決をこれ以上先延ばしにすることは許されません。最先端のアベイラビリティ・ソリューションの計画と導入に早急に取り組み、信頼性の高い迅速な復元を実現する必要があります。

大きな問題 – 貴社は何一つ失うわけにはいきません。

レポート全文をダウンロードしてご覧ください。ITシステムのより一層の実現可能性を高め、Always-On Enterprise™による常時稼動を実現するためにあらゆる組織に必要な3つの重要なステップを紹介しています。

2,180万ドル
ダウンタイムによる平均年間コスト

87%
ダウンタイムや
データ損失
のコストが将来的に増加すると予想した回答者の割合

レポートをダウンロードする